NPO法人 Serenity 〜自死遺族への差別偏見を失くす〜
Text Size :  A A A
|  News  |  代表活動日記  |  Link  |  代表紹介・講演お申込み  |  コンタクト  |  分かち合いの会  |  入会希望・寄付・カンパのお願い  |  定款  |  団体紹介  |  イベント動画  |
ひさびさのブログ更新となってしまいました。

プライベートの方がどうしてもバタバタして落ち着かず・・・
この間もたくさんの方にご迷惑おかけしてしまいました。
大変申し訳ございません。
またそんな私を応援して下さってありがとうございます。
感謝しております。

「そこまでして何故活動しようと思うの?」
と私を心配してとある方が私に言われました。

私も時々ふと思います。
以前は「辛くなったらやめよう」と思っていたのですが
自分の状況が辛くなればなるほど、
いかにこの活動に私が助けられていたことを・・・

日々生きるのに精いっぱいの私には大きなことは出来ませんが
ただ、自分の想いを綴るためにブログを書いたり、
ご遺族からのお話しを聞いたり・・・
出来ることをこつこつと地道にやっていこうと思います。

先日もご遺族の方から、お電話で差別偏見を受けた体験を聞かせて頂きました。
大切なお話し聞かせて頂いてありがとうございます。

その方がお話しの最後に
「自死してしまう直前の家族の気持ちを聞きたかった。
でもそれは二度と叶わない夢なんです」
と言われました。

私もそれはずっと同じように思っています。
父が自死する直前の気持ちを父の口から直接会って聞きたい。
でもそれは絶対にかなわない夢なのだと。

生きていたら何年か後、
いや何十年か後でも、ふと父にあの時はどうだったの?と聞くことが出来る。

私自身も未熟さゆえに大切な人を傷つけてしまうことがあります。
そんな時に私は「もう二度と会ってもらえないかもしれない、許してもらえないかもしれない」
という恐怖が沸いてきます。逃げたくなります。

勇気を出して自分の傲慢さや未熟さを反省して謝罪する。
そんな時、許してもらえたらやっぱりとても嬉しいです。
相手に感謝してまた頑張ろう、という気持ちになれる。

一度過ちを犯してしまったからといってそこで「終わり」ではなく、やり直せるんだと。
そう思ったときに「父も生きてて私たちにこうしたかったんじゃないか」とふと思いました。

私は父のできなかったことをしっかりとやることが
遺された私の役割だと最近思うようになりました。

それはいわゆる「活動」だけが大事なのではく、
自分の日常の生活や身近な人間関係などをしっかりと
一つ一つ丁寧に生きていくことなんじゃないか。

そこを通してでしか、
父や沢山の自死した人たちの気持ちは分からないんじゃないかと。

死んでしまったら、もうそこで終わりです。

父も天国から
「お父さんはあの時本当はこう思ってたんじゃないのかなあ」
と自分のことを話している私と母を歯がゆい想いで見守ってくれていることでしょう。