NPO法人 Serenity 〜自死遺族への差別偏見を失くす〜
Text Size :  A A A
|  News  |  代表活動日記  |  Link  |  代表紹介・講演お申込み  |  コンタクト  |  分かち合いの会  |  入会希望・寄付・カンパのお願い  |  定款  |  団体紹介  |  イベント動画  |
また、父の事ですみません。

10月は父の命日があるので、どうしても父のことを普段よりも考えてしまいます。

セブンスターは父の好きなタバコでした。

そういえばタバコをお供えしたことがないなと思って、買ってきました。

ふと、父が吸ってたタバコの味ってどんなものなんだろう・・・
と思い吸ってみました。

私も20代の頃、試しに少しだけタバコを(1箱2箱)吸ってみた時があったのですが
その時は美味しいと思わずその時だけで終わりました。

でも、ひさびさに吸ってみたら、意外と美味しく感じました。

「父はこの味が好きだったんだな」と思いました。

父の好きなものって、タバコ、、コーヒー、釣り、パチンコ、読書・・・
他には何が好きだったのか、嫌いなものはなんだったのか・・・

ほとんど記憶にないのが寂しいです。

でも、つい先日の日記にも書きましたが、過去の日記を読み直して
父の自殺した理由というのが「あ、これかも」という納得できることが発見できました。

28歳の時に親戚に聞いた父の話でした。
今までは点と点でしかなかったものが、つながった瞬間でした。

受け入れられるのに、時間がかなりかかりました。
でもきっとそれも父の自殺した年齢を超えた今だからのタイミングなのだとも思います。

とっても苦しかったんだなあ。

父のことが許せた瞬間でした。

そしてそれは、父の事を許していると同時に、
また私自身のことも許しているのかなあとも思いました。