NPO法人 Serenity 〜自死遺族への差別偏見を失くす〜
Text Size :  A A A
|  News  |  代表活動日記  |  Link  |  代表紹介・講演お申込み  |  コンタクト  |  分かち合いの会  |  入会希望・寄付・カンパのお願い  |  定款  |  団体紹介  |  イベント動画  |
今日10月14日は、父の29回目の命日だ。

10月は毎年気持ちがかなり落ち込む。
記念日反応だ。

最近、プライベートでもバタバタ落ち着かないので
その疲れもあるのかもしれない。
10月に入って、色々な思いがどっと押し寄せてきている。

毎年、命日には同じような事を書いているような気がする。

父がいなくなって、あれから、もう29年も経った。

父の死亡診断書には10月14日が死んだ日となっているが
本当のところは分からない。

父はある日突然失踪して一週間後、地元山口県から遠く離れた他県の山奥で
車の中で一酸化化炭素中毒死しているところをたまたま通りかかった地元の人に発見された。

遺体の損傷が激しく、私は父の遺体は見ていない。
家に帰ってきたときは父は白い骨壺に入っていた。

一週間前まで、元気だった父が、
こんな小さな箱に入っているなんて、私は信じられなかった。

母は骨壺にすがって泣きわめいていた。
普段は感情を表に出さない、物静かな母があれだけ感情を露わにしているのは
後にも先にもこの時しかなかった。

13歳の私は涙など一切出なかった。

ただ、母の姿を見て、とんでもないことが起こっている
この現実を受け入れること、立っているのが精一杯だった。

自分の身体から魂が抜けていくのがわかった。
上から私を見ている、もうひとりの自分がいた。

父が何を思って自殺したのかなんて、いまだに分からない。
多分こうであろう、というのは想像できるが
やはり、それは想像でしかない。

答えを欲して、家族や親せき、色んな人に父の当時の様子を聞いたり、
自殺関連の本を読みまくったり
私の人生のほとんどは父の自殺の理由を知りたい
その一心でしかなかったように思う。

私は捨てられたんだ。
ただ、ただ、その絶望から救われたかった。

父が大好きだった。
愛されていると思っていた。

父のことを知りたくて、父の面影のある人を好きになった。
それでも父のことは分からなかった。

私も死んだら父の気持ちが分かるかもしれない。
会いたい、話したい,父のところに行きたい。
何度もそう思った。

父は39歳で自殺した。

来月には私は42歳になる。
父よりも3歳も年上になる。

私は少しは成長しただろうか。
少しでも、大人になれているだろうか。

父とお酒を一緒に飲みながら色んなことを話したかった。
たくさん喧嘩もしたかった。

父の自殺のことなんか、自分の人生から排除したい
一切無かった事にしたいと思っていたのだが
今、私はたくさんの人の前で父の自殺のことを語っている。

父の自殺が、たくさんの素敵な人との出会いを運んできて
応援して助けてもらっている。

皮肉なものだ。

39歳まで父に感謝の気持ちなど沸いてこなかったのだが
最近、少しづつ「ありがとう」と思えるようになった。